未分類

かmkんk;

30分SS

お題:怠惰、ユーモア、感動

薄暗い部屋の中でゴソゴソとリモコンを探す。見渡す限りモノは散乱し、所々にコンビニ弁当が入ったゴミが放置されている。手当たり次第に山を崩し、僅かな隙間から顔を覗かせるグレーの物体に手を伸ばし、気だるい表情でテレ ...

あなたとぼくで何か書く

俺は地球防衛軍というゲームにハマった。

簡単に言えば、プレイヤーが地球防衛軍の隊員になり、突如地球に現れた宇宙人や巨大昆虫と戦っていくゲームだ。

もっと噛み砕いて言うと、デカイ化け物と戦うTPSであり、マシンガ ...

あなたとぼくで何か書く

ゲームは面白い。

シンプルで誰しもが一度は考える発想ながらも、本質的な部分が見えてこない。ざっくりとしたイメージに振り回され、なんとなく遊ぶ日々が続く。

寝る間を惜しんで没頭したり、テスト勉強しないで画面に齧り ...

あなたとぼくで何か書く

ゲームブロガーさんと一緒に何かしたい。

ある日”ゲームブロガー”という肩書きを知り、少しばかりの憧れと尊敬の念を胸に秘めていた。自分の好きな事を堂々と語り、多くの人に伝える姿を眩しいと感じていたのか ...

エッセイ

言葉が存在するからこそ、私達はコミュニケーションを図ることが出来る。身振り手振りのボディランゲージで伝わる情報量は限りなく少量で、ごく一部の連絡事項ですらギリギリだ。

ちょっとリモコン取って。

その程度のお願い ...

エッセイ

懐かしい香りがする。

食器を洗っている時にフワッと香るオレンジの香り。いつもの洗剤が売り切れで、偶然買った安物。もちろん特別な香料が入ってる訳ではない。

初めて使った筈なのに、何処か懐かしさを感じてしまった。香 ...

エッセイ

知ってるだけじゃ何の役にも立たない。

知識や技術をしっかり身につけ、自分の武器として扱えなければ意味がない。中途半端に勉強しても、結局は活かすことが出来ずに終わってしまう。

経験談でもあり、他人からもしょっちゅ ...

エッセイ

記事を読んでる時に聴ける曲が欲しい。

何とも安直ながらも、頭の片隅に密かに野望を秘め、うっとりする様な曲を聴きながら、おセンチメンタルな雰囲気で読むブログは、さぞかしエモいだろうと思っておりました。

フリー音源 ...

エッセイ

空を見てると自分がちっぽけに見えるんです。

んなはずねーだろ、とテレビに向かって逆ギレ。小声でぼやく。どんだけ心が綺麗で、どんだけ器がデカくて、どんだけ前向きなんだよ。

人間、一度落ち込むと上を向くまで時間も掛 ...