ゲームコラム

積みゲーは悪。

そう言った言葉を耳にすると、あぁー、良くないことなんだな、と理解する。

ゲームは最後までしっかりと遊び、作品を理解することが正しい。買ったところで、遊ばなければ意味がない。

勇者様、 ...

エッセイ

2万円降ろそうとした。髪を切りに行きたかったからだ。何もおかしい部分はない。

問題はここから。出てきたのは明細とカードのみ、画面には見慣れない文字が散見される。

どうやら残高が足りないらしい。

思い ...

エッセイ

めっちゃ便利じゃん、これ。

都会に足を運んだり、大きめのショッピングモールに顔を出すと、びっくりするほど画期的な商品サービスに出くわす。

時代の進化は凄まじいもので。これ不便だなぁーと思っても、いつのまにか改善 ...

エッセイ

そんなの覚えてないから知らないし、謝れない。

仮にどれだけ残虐な罪を犯しても、どれだけ小さな過ちを犯しても、覚えてなければ知らないも同然。

そんな馬鹿な筈がない。

酔っ払って意識が飛ぼうが、眠りまな ...

エッセイ

正義が悪に染まる時、人は何を想うだろう。

そんなのいけない。そう言って止めることが出来るだろうか。

勧善懲悪。弱きを助け、強きを挫き、誰しもを公平に扱い、尚且つ優しい。

そんな人間が、悪の道に染まる ...

エッセイ

自分らしく生きたい。

多くの喧噪に悩み、自分を見失い、他人の言う通りに生きる。

もう少し、自分らしく。

そう思っては悩み、自分とは何なのかを探し続ける。何度も何度も。

気付けば30歳手前 ...

エッセイ

人の心はロボットに真似出来ない。

果たしてそうだろうか。

個人的な意見を申し上げるなら、ロボットの方がエモい文章を書けると思う。

もっと言うと、人間よりも感動する文章を書くことなど、造作もないことだ ...

エッセイ

後でやる。

あぁ、やってくれるんだ。なんとなく安心する。

やる気はあるから大丈夫。とりあえず、置いといて。

洗い物も、掃除も、ご飯も。

やりたくない訳じゃない。今はまだ、そのまんま。

エッセイ

どんなに頑張っても、どんなに尽くしても、どんなに挽回しても。

どんなに褒められても、どんなに愛されても、どんなに讃えられても。

1つの欠けで、全てがダメになる。

/

欠けを満たそうとすれ ...

エッセイ

芋臭い文章だ。

自分の文章を見つめ、ふと思う。

形だけ見繕った、洒落気のない言葉。まるで中学生のファッションみたいだ。カッコいいと思ってても、実は目も当てられないくらい、ダサい。

文章を学んだ事はな ...